<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
オリジナル胴掛・・・作成中6
とうとう背景を濃い色で塗ってしまった。


それよりも、クリアスプレーを吹き付けるときに
やりすぎて、塗装が流れてしまった・・・

失敗した理由は、3回目にクリアを吹き付けた時間帯だった・・・

日が暮れかけていたにもかかわらず、もう少し大丈夫とおもいながら

3度目のスプレーをかけたが少し気温が下がっていた分、くもりの時のように

スプレーを吹きかけたとこにくすみがでて、にごっていたようだ。

やべって思って吹きかけた部分を思わず触ってしまったら

塗装が流れたというわけ。



写真ではわかりにくいが、龍の右手(写真では左側)がぼやけた!

まあ最初やから仕方ないか・・・!!

とりあえず、胴掛はこんな感じで、天神カバーを進めることにする。

面白そうなDVDを見つけた


津軽三味線に魅せられた自称天才ギタリストの成長と挫折を描いた青春ドラマらしい!!

いつもながら・・・優宝さんのホームページhttp://www.you-4.net/

に変わりはないかなぁ?と見ていて・・・胴掛のところで
「津軽三味線奏者 ミッキー亭センベー 弟子 「響三兄弟」様所有。」とあったので

なんだ「ミッキー亭?センベー?」って興味をそそられ・・・思わずクリックしたのが
下の公式ホームページ
http://www1.pbc.ne.jp/users/senbei/

そこで見つけたのが・・・このオーバードライブって映画!

なんとあの、「木下伸一(現在は木乃下真一)」さんも出てるとは・・・驚き!!

ああ こりゃ見たいばい!!久々DVDレンタルしてみるか!!
オリジナル胴掛・・・作成中5
久しぶりに休みをゆったりと使えたので・・・
胴掛けの制作の続きをやりました!!
前回よりかなり時間が経っており・・・

もうやめた?やる気がない?飽きた?・・・なんて声が聞こえてきていましたが・・・

そういうわけではないのですが・・・

ちょっと色塗りに・・・挫折しかけていたのは確かです・・・笑

でも・・・息子がつける胴掛けです!!!パパ挫折しては駄目です!!笑

と言う訳で・・・昨日の経過を報告!!

背景は白、そしてピンクの龍でとの対比を楽しもうと思っていたのですが・・・

意外と白をそのまま残していくと・・・何も書いていない、力を入れていないキャンバスのようで

手を加えようという気持ちになってきました・・・てなわけで

塗ったのがぶる〜〜〜!!

海、空、雲・・・・宇宙をイメージする色に仕上げていきたい・・・そして
ピンクの龍が浮き出てくるようなイメージにしていきたい・・・






ああそして胴掛けばかりが先行していたのですが・・・

天神カバーも塗ってみました・・・・とりあえず下塗りの白のみです・・・写真は取り忘れた・・笑
オリジナル胴掛・・・作成中4

とうとう・・・色塗りに入った・・・
私の気分は最悪です・・・

ど〜〜〜〜もしっくりいかない・・・

ピンクだからか?色塗りが下手やからか?・・・・

納得はいかないが・・・がんばって最後までやっていこうと新たに決意する!!






JUGEMテーマ:津軽三味線


JUGEMテーマ:三味線・民謡


オリジナル胴掛け・・・作成中3


先日までにオリジナルで作成している胴掛の下塗り、基本ベースとなるデザインの下書きまでを綴ったが・・・
ようやくペン入れ(これから上塗りペイントした時に下書きが消えないように輪郭をとる作業)を行った。

今回は油性マジック(細サインペン)で輪郭を描いた。

デザインした龍の鱗(うろこ)については、色を落とし込んだあとに濃淡をつけるため、あえて何も書いていない。

段々と先が見えてきた!
私自身、今まで絵を描くのが好きで、特にペン画は、鉛筆画が好きである。
だが、色の使い方が下手なのである・・・爆

絵が好きで、いいなと思ったデザインが出来ても、色を塗ると失敗をしてきた今までがあり・・・
どーも色を塗ることに抵抗がある&トラウマ化している。

でも、今回の制作は息子の胴掛!

何としてでも成功させると意気込みだけはある!!

色を落とし込むことへの克服も合わせて出来れば・・・私のデザイン人生(そんなに大げさなものではないが・・・笑)本当に、これからが楽しみだ!!


JUGEMテーマ:津軽三味線




JUGEMテーマ:三味線・民謡


オリジナル胴掛・・・作成中2
JUGEMテーマ:三味線・民謡

JUGEMテーマ:津軽三味線




胴掛制作・・・その2 でござる!!

さてさて・・・そろそろ・・・サッカー(日本×パラグアイ)が始まりそうなんで・・・あせってきたぞ!!
早く帰ろう!!

ということで・・・急ぎで書き進めます・・・笑


とうとう必要な材料も買い揃え・・・(その1の記事に書いています

あとは・・・手探りながら・・・作っていくしかないねえ!!

よしやるぞ〜〜〜!!!

まずは・・・やすり下地を整える!!
粗めのやつから・・・最終は#1000を使って・・・

koutei1

洗いながら・・・さわり心地を確かめながら地道な作業です。

koutei2

終わったら・・・乾かして・・・しっかりと水分を飛ばしておきます!!

ここで私は1日置きました・・・

えっとそして・・・下地が黒のプラスチックだったので、上に描く色のイメージがまだ出来てはいなかったのですが

とにかく、上に塗る色に黒の色が写ってはまずいので、白系の色で下地塗りをすることにしました。

多めに塗って・・・乾かして・・・塗って・・・乾かしての(2、3回)で放置して

あまり厚めに塗るとひび割れしそうになってきたので・・・

koutei3

少し凹凸を取るためにも、水洗いと、やすりをかけました。

「ん?」ちと薄くなりすぎたか?角の部分は薄かったせいか・・・やすりで削れてしまったが、まあいいか!!

この性格が「O型ですね」次回は・・・もう少し角の部分も厚くしておこうと思ったこのごろ!!

※写真を見ても凹凸が目立たなくなり、きれいになったのが判ると思います。
koutei4

ん〜〜〜もう少し下地をぬっても良いかも・・・いや厚くなりすぎたら・・・ひびはいるかも・・・
と葛藤しつつ!!!いいやもうデザインの下書きしよっと!!!ってなことで

昨日「オランダ対スロバキア」をやっている間に、鉛筆で下書きをすることになりました!!!

そして1時間程度で書き上げたのがこれ!!
koutei5-1

アップ画像
koutei5-2

ちょっと龍が書いてみたかったというのと!!息子の「凜太朗」っていう胴掛にしたかったので
こんなデザインになりました!!

後は・・・色をどんな色にするか!!

朝、息子の凜太朗と嫁に聞いた・・・ところ!

二人はまったく違う意見!!でも奇抜な「ルミコロ(嫁)」の意見を吸収して制作することにします!!

出来上がりを楽しみに!!!

あ〜〜〜失敗せんよう・・・慎重にやろ〜〜〜!!!

ってそれより!!日本のサッカーが見たい!!!早くかえろ===!!!

では又!!!






オリジナル胴掛・・・作成中!1
JUGEMテーマ:三味線・民謡

JUGEMテーマ:津軽三味線




ようやく!ようやく・・・(笑)胴掛制作に入りました!

仕事の合間をぬって、これから制作していく予定です!

まず最初なんで・・・制作の過程を備忘録もかねてBLOGアップしていこうかと思います。



まずまず・・・オリジナルの胴掛を作るのに・・・

元のプレーンな胴掛が必要なのですが・・・

これは、「オリジナル胴掛」の先駆者であります

『優宝(ゆうほう)』様のホームページにて購入させて頂きました。

優宝のホームページはコチラ⇒http://www.you-4.net/

※購入した優宝の里井オーナー様からは、たくさんのメールをやり取りさせて頂き、更に大変丁寧に胴掛の制作方法も親身になって教えて頂き大変感謝しています。ありがとうございました!!

<余談ですが・・・里井オーナーの息子様は「オベリスクジャパン」というトライク(三輪駆動で乗車時にヘルメットのいらない車)のメーカーを経営しているそうです。オベリスクジャパンのホームページ ⇒http://www.obelisk.la/

さてさて、胴掛に話を戻しまして・・・
前述の優宝のホームページから


「●●天神カバー付き●●胴掛」¥1575(税抜¥1500)
*プラスチック製
*塗装加工前の商品です、生地を張る、塗装するなど手作り用にお使いください


優宝購入ページ

塗装加工前のプラスチック胴掛〜〜こちらを購入した訳です!!

そして・・・胴掛商品が手元に届きました!!

届いた胴掛は多少やすり掛けしているのじゃない?と言うほどほぼ凹凸もなくきれいな胴掛&天神カバーでした!

初めて購入した私は心配なので・・・里井オーナーにメールを送りました。

「やすり掛けした方が良いってメールに書いていましたが、ほとんどやすり掛けする必要ないくらいきれいなのですが、これは通常からでしょうか?今回初めてということで里井さんがわざわざ掛けてくれたのでは?」


里井「送った胴掛けは一見奇麗に見えます、キャンディーポットさんやネブタ絵師さんのような絵柄ならば、平準に仕上げる必要はないようです。
しかし、キャンディー塗装やブラシ塗装は自動車塗装と同じで、常々自動車塗装を手がける職人から見ると、凸凹しているそうです、ブラシ絵作家さんは、下地作りに結構時間がかかると言っていました。」
・・・中略・・・

「最終仕上げで、クリアー塗装そして磨きという作業があります、下地の良し悪しでこの段階の出来栄えがきまってしまいます。ということで、描く絵柄で下地作りも決まるようです。参考になれば幸いです。」


ん〜〜〜〜も〜〜〜〜里井さん最高です!!!マジで感謝します!!
説明がうまいし・・・勉強になりました!!

よ===しやるぞ〜〜〜〜!!!

ってことで、ネットで・・・「クリアー塗装の仕方」、「下地作り」等々・・・調べに調べ

道具を購入しまくりました!!

えっと、購入したのは



●マルチパテ
⇒ん〜〜ネット購入した後で・・・失敗したかな?これ・・・コンクリート用じゃん!!笑・・・今回はいらね〜よ〜!通常は、クルマのボディー用のパテが良いようですね!!今回はパテ無しでいくべさ!
マルチパテ

●やすりシート(粒度#80、#120、#240、#400、#1000)
⇒これで、下地のやすりをしっかりとかけます。
やすりシート

●筆一式(アクリルペイント用)
⇒大小さまざまな筆を購入しました。特に細めの筆はかなり使うと思うので・・・
<写真無し>

●アクリル塗料缶(白、赤、青、黄、緑、水・・・)
⇒普通のアクリルを買ったつもりが、100円均一やし、しかも水性アクリルなんで…もしかしたら失敗するかな?
慎重に塗ろうっと!!
<写真無し>

●スプレーアクリルラッカー(クリア)
⇒これは塗装後に、表面にクリア光沢を出す為に全体に吹き付けます。
スプレーアクリルラッカー

●ピカール磨き液
⇒これはクリアを吹き付けた部分の凹凸を磨いてなくすためにに使います
ピカール磨き液

●コンパウンド
⇒これはクリア塗装部分をピカール磨き液で磨いた後に更に細かく磨くために使います
コンパウンド

●ナノハード光沢復活
⇒これはクリア塗装部分をコンパウンドで磨いた後に更にテカリを出す為に使います
ナノハード光沢復活<br />



よ〜〜〜し!!準備万端!!!

ってなことで・・・ちょっと長くなったので・・・続きは次回に!!